山下清展2022の感想と解説!「放浪の天才画家」山下清の回顧展!貼絵・油彩・水彩画・ペン画・少年期の絵日記帳など、約170点を展示!

特別展「生誕100年 山下清展ー百年目の大回想」は、「放浪の天才画家」として知られる山下清の回顧展です。貼絵・油彩・水彩画・ペン画・少年期の絵日記帳など、約170点から天才画家の生涯をたどります。

山下清展2022の感想と解説!

《蝶々》(7)1934(S9)年

《かたつむり》(17)制作年不詳

《上野の地下鉄》(33)1937(S12)年

○銀座線は東洋初の地下鉄として、1927(S2)年に上野・浅草間に開業しました。私に浮かんだのは、グラフィックデザイナー杉浦非水(すぎうらひすい)の描いたポスター《東洋唯一の地下鐵道 上野浅草間開通》(下図)です。

ホームに詰めかけた群衆が、電車の到着を今や遅しと待ち構えています。日本髪で着物姿の女性も見受けられますが、手前では洋服の親子が目を引きます。

背景は電車のオレンジ色に、ホームのクリーム色とグレーです。オレンジ色とクリーム色(黄色)は同系色、グレーは無彩色で控えめな配色になります。対して、群衆は赤いコートの女性をアクセントにし、それぞれにカラフルな衣服をまとっています。

これらを際立たせるため、線路の枕木が省かれています(驚)。


※山下清展に展示はありません。

地下鉄のポスターですが、杉浦は電車よりホームの賑わいを描きました。《東洋唯一の地下鐵道》は、遠近法により整理され都会的な印象を漂わせています。

《上野の地下鉄》は開業10年後の様子です。電車とホームの配色は、先述でグレーの部分が黒に変わりました。ただし、ここでは背景ではありません。山下は運転士や乗客のいる電車を2本描いています。

ホームには男性が3人、着物姿の女性4人は後向きです。ピンク色の着物がアクセントになっています。線路には、犬釘で留められた枕木が緻密に並べられています。

主役は人々なのか、電車なのか、意表をついて線路なのかもしれません。時代の先端を行く、しかしどこかのどかな地下鉄のホームです。

《栗》(44)1938(S13)年

《金せん花》(79)1949(S24)年

《桜島》(89)1954(S29)年

○《トンネルをくぐる時のこと》(56)では、トンネルのある山と平地との交わる線で、画面を分割しています。上部に正面から見たトンネルと、下部には上から見た線路です。線路は平行に描かれており、トンネルに梯子をかけたようです。

しかし、2年後に描かれた《トンネルのある風景》(114)では、線路に遠近法が用いられ不自然さがなくなります。

《桜島》(89)(上図)は、桜島は正面からですが、線路は上からの視点で描かれています。私は異なる視線の混在も、作品を構成する要素だと思います。堂々と描かれた線路は、この先も続くものだと思っていました。

《ラ・ムスメ(娘)ーゴッホによる》(84)1940(S15)年

貼り絵による模写です。山下は髪のハイライトや頬の赤みを、細かな短冊を重ねることで表しています。印象派の表現様式である、筆触分割のように見えます。逆に、ゴッホは左右の袖のストライプを途切れ途切れに描いており、山下の貼り絵のようです。

ゴッホは肌、特に左手に背景色の薄緑を加えています。山下もこれに倣い、背景色の薄黄を貼りました。

※山下清展に展示はありません。

ゴッホは、服装を赤と紺のコントラストの強い配色にし、重量感を持たせました。ウエストにはハイライトがあります。私は山下の《ラ・ムスメ》後に、ゴッホを見ましたが、これほど立体感があるとは思いませんでした。

山下は、上着をピンクとグレーのストライプ、スカートはグレーの地に黄色のドットで、大人びた気品を描きました。18歳のときの作品です。

《スイスの町》(136)1963(S38)年

《ロンドンのタワーブリッジ》(137)1965(S40)年

《東海道五十三次・横浜中央通り(横浜)》(183)制作年不詳

山下清展2022の図録をデサインマニアが分析!

○表表紙は、うつむいて貼り絵をする山下のモノクロのポートレートです。皺のある額と丸い鼻、作業をする両手が白く浮かび上がっています。右手で摘んだ、小さな紙片のところにだけシアンに彩色されてます。表紙を開くと見返しがシアンです。ここからちぎって持ってきたのでしょうか。

タイトルは黄色で、和文と欧文が併記され画面右端に置かれています。欧文は右に90°回転させ縦位置で大きく記されています。書体は「Adobi Garamond Bold」が用いられています。

「YAMASITA」の「I」が百日草に、「KIYOSHI」の「O」がヒラメに置き換えられています。和文の「山下清」の文字は活字ではなくサインからです。暗いポートレートを明るい文字でおおいながらも、顔をはっきり見せるレイアウトが絶妙です。

背表紙は背景色に黄色が引かれています。上部に《鉢花》(42)の一部分がアクセントに置かれています。

《長岡の花火》(86)1950(S25)年

裏表紙は横に分割され、上部に《長岡の花火》(86)(上図)が置かれています。下部には黒の背景色にグレーで、「今年の花火はどこに行こうかな」とあります。山下が最後に残した言葉です。太い明朝体のタイトな文字組みで右に寄せて記されています。

○各章の扉は見開きで原色が引かれています。原色は第1章の昆虫のペン画からでしょう。章を代表する作品と、山下のポートレートがそれぞれ切り抜きで置かれています。ポートレートには、山下の言葉が添えられています。

第1章「山下清の誕生ー昆虫そして絵との出会い」は、マゼンタの背景色に《蝶々》(16)《蜂1》(14)《蜂2》(15)《トンボ》(18)と幼少の頃の山下です。

《自分の顔》(85)1950(S25)年

第2章「学園生活と放浪絵の旅立ち」は、緑の背景色に《自分の顔》(85)(上図)が本編より大きくあります。その左下に《餅つき》(21)が小さく置かれています。着物姿の山下は、「自分が良いところへ行こう行こうと思うと 少しも良いところへ行かれない 良いところへ行こうとしなければ 自然に良いところへぶつかる 良いところへ行こうとするから 良いところへぶつからないんだろう」と哲学的です。

《パリのエッフェル塔》(139)1961(S36)年

第4章「ヨーロッパにてー清が見た風景」は、緑青の背景色に《パリのエッフェル塔》(139)(上図)です。山下は扇子を手に胡座(あぐら)をかいています。山下だけが切り抜かれていますが、パリでエッフェル塔をバックに撮影されました。

○1956年に『週刊朝日』に掲載された、マルチタレント徳川夢声(とくがわむせい)との対談「問答有用」が転載されています。山下が繰り返す「兵隊の位になおすと」のフレーズは当時の流行語になりました。

ソフトカバー/ W225mm × H285mm/ モノクロ・カラー/ 224ページ/ 日・英
価格:2,500円(税込)

山下清展2022の混雑状況は?

私は「神戸ファッション美術館」に出かけました。最終日の3日前だったので混んでいました。

ビッグデータから

「S0MPO美術館」は、ビッグデータから解析するサイトがあります。

SOMPO美術館 | あの展覧会混んでる?
展覧会の混雑状況をビッグデータから解析する世界で唯一のサイト。気になるSOMPO美術館の混雑状況は?現地の状況が気になって仕方がない方へ新鮮な情報をお届けします。

グーグルマップから

混雑状況は、グーグルマップの左カラムにある「混雑する時間帯」で、曜日ごとに知ることができます。下方にあるマップから「拡大地図を表示」か、グーグルマップで「福井市立美術館」「上田市立美術館」「S0MPO美術館」を検索して開きます。

山下清展2022の所用時間は?

90〜120分

私は平日の13:32から15:34で鑑賞しました。

山下清展2022のチケットはいくら?

福井市立美術館(アートラボふくい)

一般1,200円/ 大・高生800円/ 中・小生500円

団体料金
一般1,000円/ 大・高生700円/ 中・小生400円

※団体は20名以上
※障害者手帳提示者と介護者1名は団体料金
※未就学児は無料

上田市立美術館

未定

S0MPO美術館

未定

山下清展2022の会場・巡回予定はここ!

鹿児島市立美術館

会期
2022年3月25日(金)〜5月5日(木・祝)

神戸ファッション美術館


会期
2022年6月25日(土)〜8月28日(日)

福井市立美術館(アートラボふくい)

〒918-8112 福井市下馬3-1111
Tel.0776-33-2990
Fax. 0776-33-3114

会期
2022年9月3日(土)〜11月6日(日)

開館時間
9:00~17:15(入館は16:45まで)

休館日
9月5日(月)、9月12日(月)、9月20日(火)、9月26日(月)、10月3日(月)、10月11日(火)、10月17日(月)、10月24日(月)、10月31日(月)

アクセス
○フレンドリーバス
福井駅東口と県立図書館等の文化施設を、30分毎に運行する無料バス。
福井駅から美術館へは、毎時00分発の《子ども歴史文化館先回り》を利用。
○京福バス
福井駅西口交通広場バスターミナル5番のりばから
《東郷線(62)》→11分「下馬」→ 徒歩5分
《羽水高校線(61)、西大味線(63)》→15分「県産業会館・厚生病院前」→ 徒歩5分
○すまいるバス
福井駅西口交通広場バスターミナル6番のりばから
《木田・板垣方面行き》「板垣」下車、徒歩15分
○自家用車
福井I.C.よりおよそ10分。下馬中央公園に併設された駐車場がある。(無料、乗用車250台、大型バス4台 駐車可能)
○タクシー
JR福井駅より約10分

上田市立美術館

〒386-0025
長野県上田市天神三丁目15番15号
Tel.0268-27-2300
Fax. 0268-27-2301

会期
2023年2月25日(土)〜4月2日(日)

開館時間
9:00 ~ 17:00

休館日
火曜日(火曜日が祝日にあたるときは、その翌日)、12月29日から翌年1月3日まで

アクセス
○電車
北陸新幹線・しなの鉄道・上田電鉄別所線「上田駅」から徒歩約7分
○自家用車
上信越自動車道「上田菅平I.C.」から約15分、駐車場台数390台

S0MPO美術館

〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
Tel.050-5541-8600(ハローダイヤル)

会期
2022年6月24日(土)〜9月10日(日)

開館時間
10:00 – 18:00
(入館は閉館30分前まで)

休館日
月曜日、展示替期間、年末年始

アクセス
JR「新宿駅」西口から徒歩5分
東京メトロ「新宿駅」から徒歩5分
東京メトロ「西新宿駅」C13出口から徒歩6分
西武新宿線西武「新宿駅」から徒歩7分
大江戸線「都庁前駅」A1出口から徒歩7分