神坂雪佳展の感想と解説!日本画家・図案家雪佳と、琳派の作品もあわせ絵画・図案集・工芸品など約80点を展示!

「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」は、京都で生まれ明治から昭和にかけて活躍した、琳派の系譜に連なる日本画家・図案家の神坂雪佳(かみさかせっか)と、本阿弥光悦から始まる同派の作品もあわせ、絵画・図案集・工芸品など約80点を展示します。

神坂雪佳展の感想と解説!

○1章「あこがれの琳派」は、雪佳に至るまでの琳派の絵師たちの流れです。琳派は本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)、俵屋宗達に始まり、百年後に尾形光琳(おがたこうりん)、弟・尾形乾山(おがたけんざん)が私淑します。

さらに百年後の大阪に中村芳中(なかむらほうちゅう)。江戸には酒井抱一(さかいほういつ)、後継者・鈴木其一(すずききいつ)らが現れ継承しました。

俵屋宗達《双犬図》(3)

尾形乾山《唐子図筆筒》(6)

中村芳中『光琳画譜』(16)「仔犬」(p.37右上)

『光琳画譜』は芳中ひとりの色摺絵本です(笑)。

光琳画譜
大阪の琳派の画家中村芳中(?-1819)が江戸に出て出版した『光琳画譜』の後印本! 描か&...

○2章「美しい図案集」から雪佳の登場です。雪佳は明治30年代を中心に図案集を出版しています。実用性の高い『染色図案 海路』(27)『蝶千種』(29)や、絵画の作品集のような『ちく佐』(26)『百々代草』(31)などがあります。

『ちく佐』(26)

「藤つほ」(p.56)

「秋の月」(p.56)

(p.64下)

色面の構成はアンディ・ウォーホルを思わせます。

ルートヴィヒ美術館展の感想と解説!ドイツのルートヴィヒ美術館から、ロシア・アヴァンギャルド、パブロ・ピカソ、ポップ・アートなど152点が来日!
「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡ー市民が創った珠玉のコレクション」は、ドイツ・ケルン市のルートヴィヒ美術館から、ドイツ表現主義、ロシア・アヴァンギャルド、パブロ・ピカソ、ポップ・アートなど152点が来日!東京・国立新美術館 、京都国立近代美術館を巡回!

『滑稽図案』(28)

芳中は琳派にゆるさを、雪佳は滑稽さを加えました。

滑稽図案 Collection of Humorous Designs - Kokkei Zuan ー神坂雪佳木版画ー
今回発刊した「滑稽図案」は明治当時(初版明治36年)の原版木を使用し、現在の摺師 森光美智子氏によって再版いたしました。

『百々代草』(31)

「立波」(p.92)

画面いっぱいに波濤(はとう)が描かれています。波しぶきの明と闇の暗。波のシルエットの不定形と月の正円。打ち寄せる波の動と闇に浮かぶ月の静。と、それぞれの対比が描かれています。

月は画面の中心より左に置かれ、右方向へ向かう波の動きを際立たせています。波の左上のくぼみからは、月がわずかに覗きます。月は正円とわかるギリギリのところまでを隠されています。

波は抑揚のある輪郭線で、外形をたどり平面的に描かれています。闇、月、波濤と3枚のレイヤーを重ねただけの図案は、しかし自然の一瞬の表情を切り取っています。

「八つ橋」(p.92)

エルメスの季刊誌『LE MONDE D`HERMES』2001年春・夏号の表紙を飾りました。

「牧童」(p.99)

「狗児」(p.99)

左上から右下に引いた、対角線の右上に多くが描かれています。左下は白い子犬の頭部と、その視線の先にいるカタツムリです。竹の根元もわずかにかかりますが、あとは余白ばかりが広がります。

右手前の2本の竹、白い子犬、奥の竹と、遠近もこの線上に並べられています。白い子犬の上半分の太い線は、鼻先から腰まで一気に引かれています。真っすぐに伸びた黒い竹は、子犬の丸さと柔らかさを際立たせるのにも一役買っています。

悠々と進むカタツムリには、子犬でなくとも目を留めてしまう構図です。

「住の江」(p.100)

パズルのピースを合わせたような、海辺の風景を俯瞰しています。図案化された松林に目を留めると、全体がミニチュアのようです。

山なりに重ねられた細い線は、3DCGを描くワイヤーフレームモデルのように、立体的な海面を出現させます。私は歌舞伎に使われる浪幕を思いました。

繊細な盛り上がりを際立たせるのは、海面よりも広がりを占める平坦な砂浜です。

住の江は大阪市住吉区にある松の名所です。『古今集』に詠まれた藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)の「住の江の 岸による波 よるさへや 夢の通ひ路 人めよくらむ」に取材しました。

「春の田面」(p.101)

このまま続けていくと、ピート・モンドリアンになるのでしょうか。

「冬の川」(p.103)

神坂雪佳 百々世草―近代図案コレクション
神坂雪佳 百々世草―近代図案コレクション

○4章「琳派を描く」は、図案から離れ雪佳の描いた絵画作品です。

《金魚玉図》(65)

軒先に風鈴ではなく金魚を吊るしました。金魚玉です。ガラスの容器は塗り残しました。たらし込みは、樹木の幹ばかりではなく金魚までも彩ります。正面から見る、金魚の表情がユーモラスなことは雪佳により見い出されました。

尾鰭(おひれ)を広げたシンメトリーな佇まいは、不安定な吊忍(つりしのぶ)により存在感をふくらませました。描き表装には葭簀(よしず)がびっしりと編まれています。画家は初夏の京都に一陣の涼風を吹かせました。

神坂雪佳展の図録をデサインマニアが分析!

○図案集『百々代草(ももよぐさ)』にいる「狗児(くじ)」(上図)が、表表紙・背表紙・裏表紙を包み込んでいます。それぞれの表紙は、まわり6mm ほどを子犬の体を残して白枠で囲まれています。白枠は、雪佳のふんわりとした配色に緊張感をあたえています。

タイトルは表表紙には「KAMISAKA Sekka」と白抜きで欧文だけが記されています。「KAMISAKA」は、画面の左端に右に90°回転させ縦に小さく置かれています。「Sekka」は白枠に接して大きく記されています。これらの文字の配置と、「S」の先にカタツムリが来るトリミングが絶妙です。

背表紙には、和文と欧文タイトルが黒で併記されています。「inheriting」は継承です。「つながる」と訳されています。裏表紙は竹と白い子犬の背中の隙間から、薄茶色の子犬が顔をのぞかせています。令和の世になっても、装丁画に持って来いの図案集です。

『百々代草』「春日野」(p.92)

○表表紙の折り返しには『古今和歌集』に取材した『うた絵』(巻第七 賀歌)(p.105)から千鳥が。裏表紙側は『百々代草』の「春日野」(p.92)から鹿(上図)がやって来ました。

表表紙の裏面には海や波をモチーフにした『染色図案 海路』から、p.68の右下の図案が。裏表紙側は、p.71の左下がそれぞれ薄青の単色で引かれています。

会場案内と雪佳のポートレートのある、p.2-3の背景には『百々代草』から「菊桐」(p.100)が。目次(p.6-7)の背景には『ちく佐』から「松島」(p.62)が。

参考文献(p.166-167)の背景には『ちく佐』からp.66上の図案が。奥付(p.184)の背景には『蝶千種』からp.81右列上(上図左)の図案が、それぞれ薄いグレーの単色で使われています。

これらは、彩色はありませんが形の際立つものが選ばれています。本編の図版は小さく掲載されていますが、こちらは見開きで使われているものもあり見応えがあります。

欧文の会場案内(p.191)には、折り返しにもいた『うた絵』の千鳥(p.105)が今度は背景とともに使われています。

画面左に「や」「ち」「よ」「と」「そ」「な」「く」がバラバラと置かれています。仮名で水鳥が飛び立つ様子を表しました。芦、水流、石などに見立てた書体を「芦手(あしで)」、それらを用いた絵を「芦手絵」と言います。

○各章の扉は見開きで、代表する作品が添えられています。1章「あこがれの琳派」は、深緑色の背景色に本阿弥光悦の書、俵屋宗達の下絵で手掛けられた《月梅下絵和歌書扇面》です。

2章「美しい図案集」は、『ちく佐』からp.64上の図案が全面に引かれています。ちょうど文字の組めるスペースが空いています(驚)。

3章「生活を彩る」は、燕脂色(えんじいろ)の背景色に《住之江蒔絵色紙箱》(p.118)が、4章「琳派を描く」は、《杜若図屏風(かきつばたずびょうぶ)》(p.142-143)(上図)の左隻の部分が全面に引かれています。

これらは素材としてあつかわれています。掲載が部分であったり、文字がかぶったりしています。しかし、やはり本編の図版より大きく載せられています。見どころのひとつです。

神坂雪佳展の混雑状況は?

私は平日の午後に京都会場で鑑賞しましたが、空いていました。

ビッグデータから

「パナソニック汐留美術館」をビッグデータから解析するサイトを見ます。

汐留ミュージアム | あの展覧会混んでる?
展覧会の混雑状況をビッグデータから解析する世界で唯一のサイト。気になる汐留ミュージアムの混雑状況は?現地の状況が気になって仕方がない方へ新鮮な情報をお届けします。

グーグルマップから

混雑状況は、グーグルマップの左カラムにある「混雑する時間帯」で、曜日ごとに知ることができます。下方にあるマップから「拡大地図を表示」か、グーグルマップで「パナソニック汐留美術館」を検索して開きます。

神坂雪佳展の所用時間は?

60〜90分

私は13:48から15:15で鑑賞しました。

神坂雪佳展のチケットはいくら?

東京会場

一般1,000円/65歳以上900円/ 大学生700円/ 中学・高校生500円/ 小学生以下無料

※障がい者手帳の提示者および付添者1名までは入館無料

ホームページ割引 引き換え券 | パナソニック汐留美術館 Panasonic Shiodome Museum of Art | Panasonic
パナソニック汐留美術館(東京・汐留)ではフランスの画家ジョルジュ・ルオーのコレクションを常設・企画展で一般公開するほか「建築・住まい」「工芸・デザイン」をテーマとした企画展を開催しています。

神坂雪佳展の会場・巡回先はここ!

富山会場

富山県水墨美術館 
2021年6月22日(火)~8月1日(日)

長野会場

水野美術館
2021年8月7日(土)~9月26日(日)

京都会場

細見美術館
2022年4月29日(金・祝)~9月26日(日)

東京会場

パナソニック汐留美術館
〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
Tel. 050-5541-8600(ハローダイヤル)

会期
2022年10月29日(土)~12月18日(日)
前期 10月29日(土)~11月29日(火)/ 後期 12月1日(木)~12月18日(日)

開館時間
10:00~18:00(入館は17:30前まで)
※11月4日(金)は夜間開館 20:00まで(入館は19:30前まで)

休館日
水曜日、11月23日(水・祝)は開館

アクセス
JR「新橋駅」烏森口・汐留口・銀座口より徒歩約8分
東京メトロ銀座線「新橋駅」2番出口より徒歩約6分
都営浅草線「新橋駅」JR新橋駅・汐留方面改札より徒歩約6分
ゆりかもめ「新橋駅」より徒歩約6分
都営大江戸線「汐留駅」3・4番出口より徒歩約5分